ブログ

2020/09/29

診断者の判断力でフラット35融資の是非が左右される場合がある!

皆様、こんにちは。

 

福岡・佐賀の住宅の診断・調査でお馴染みのイクスプランでございます。

 

最近は、めっきり涼しくなってきましてね。

 

風邪などひかれていませんか。

 

今年は、風邪・インフルエンザ・新型コロナとトリプルパンチの可能性がありますのでこれから冬にかけて細心の注意が必要です。

 

体力をつけコンディションを整えることが大事ですね。

 

皆さん、一緒に頑張りましょう。

 

さて、前置きが長くなりましたが💦

 

今回は、フラット35中古住宅融資を受ける際の適合審査を受けて頂いてのアンケートを頂きましたのでご紹介しますね。

 

この方は、紹介された診断士に物件を見てもらったらしいのですが「不適合物件」と言われ、納得いかないと相談された物件でした。

 

その診断者は、なぜ不適合と判断したのかというと「床下に換気口がない」ので適合基準に合ってない=不適合!としたのです。

 

ところが、この物件は基礎断熱工法と言いまして基礎の熱を遮断し外気温から室内を守るという、少しレアな物件なんです。

 

この場合、床下は室内とみなされ換気口を付ける必要はないことになります。

 

診断者には、豊富な経験と実績に裏付けられた診断力と責任感が求められます

 

断熱をしている基礎にわざわざ換気口を付けたら、冬に穴の開いたダウンジャケットを着ているようなものですよね(笑)

 

ということで、無事証明書の発行をすることが出来ました!

 

めでたし!めでたし!

 

それでは、また!!

お客様の声(F35審査)20200511

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(株)EQSPLAN(イクスプラン)一級建築士事務所
http://eqsplan.jp/
住所:〒814-0121 福岡市城南区
神松寺3-14-20-1013
TEL:092-862-8880
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お問い合わせはこちら