ブログ

2022/03/29

【重要】耐震基準適合証明書についてのお知らせ

 

 

 

皆さんこんにちは。

 

住宅診断でおなじみのイクスプランです。

 

福岡では桜が満開を迎えていますね。

 

寒くて閉じこもっていた命がコロナの緩和と共に一斉に花開く心躍る季節ですね!

 

でも、気候の変わり目ですので体調管理には十分お気を付けください!

 

本日は、耐震基準適合証明書に関する重要なお知らせがあります。

 

 

 

”住宅取得時の減税に必要だった

耐震基準適合証明書がほぼ不要になる!というお話です。

 

※この法案は現時点で参議院で審議中であり、可決した場合のお話ですが、

ほぼ確定と言われています。

 

 

 

「なんのことだろう?」「どういうこと?」

「これから家を買おうと思っているけど、それって私にメリット・デメリットがあるの?」

と思われる方も多いと思います。

 

 

順番に説明してみたいと思います。

 

 

※そもそも「耐震基準適合証明書」とは?

 

建物の耐震性が建築基準法で定められた耐震基準を満たしているか

・劣化が強度に影響していないか、

・建物の強度などが十分か、

・一定の強い地震が来た時に耐えられるか

などを専門家が確認し、それを証明する書類のことです。

 

これまでの制度:

 

建築確認日が昭和56年4月1日以降の建物で

戸建は築20年、マンションは築25年以上が経過した建物が

調査の結果、耐震審査OKだった場合、適合証明書が発行されることにより、

・登録免許税の軽減

・住宅取得資金の贈与に対する贈与税の非課税

・不動産取得税の軽減

が認められていました。

 

 

今後の制度:

 

新耐震基準が適用されている建物は一律ノーチェックで減税対象となる!

 

「それっていいことなんじゃない?」って思われる方もおられるかもしれません。

 

確かにお家の購入にかかる費用が減るという面では

お財布には優しい制度かもしれません。

 

でも制度が変わったからと言って、調査対象にならない全ての建物が

「地震に耐えられるほどの強さであることが保証されるわけではない」のも事実です。

 

これまで調査に伺った新耐震基準で建てられた多くの建物でも、

増築や、柱や壁を抜いたりの大幅な改築、リノベーションが行われていて、

新築時の状態と全く変わっている場合があり、

建築当初の強度を維持できていない建物が多く見受けられました。

 

それに、強度の基準が強化される2000年までの物件などは、

基準にあった建築をしていたとしても、

地震などで半倒壊の恐れがある建物があるのも事実です。

 

 

それを全て一律で「大丈夫! チェックしなくてOK!」と言われてしまうと、

少し不安ではないでしょうか?

 

また今まで以上に日本各地で地震が増えており、

大地震の可能性についてのニュースもよく扱われています。

 

耐震診断適合証明書発行は必要がなくなっても、

購入する際、基礎や壁に気になるひび割れや傾きが感じられる物件、

2000年迄に建てられたものに関しては特に、

建物の耐震診断を含めた建物診断(インスペクション)をお勧めいたします。

 

 

 

自分と家族の安全は自分たちでしっかり、賢く守っていきたいものです。

 

本日のブログを読んで、疑問に思われたことがありましたら、

お気軽にお問合せください。

 

 

それではまた!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(株)EQSPLAN(イクスプラン)一級建築士事務所
http://eqsplan.jp/
住所:〒814-0121 福岡市城南区
神松寺3-14-20-1013
TEL:092-862-8880
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/03/14

中古一戸建ての建物診断を行いました【建物内部編】

 

 

皆様、いつも大変お世話になっております。

住宅の診断・調査でお馴染みのイクスプランです。
気温が上がってきて、春らしくなってきましたね。

もうすぐ始まるお花見のシーズンが楽しみです。

 

 

今日は先日の続き、中古一戸建て建物診断の内容を紹介いたします。

主に建物内部の調査の様子です。

 

 

■ 玄関

玄関の幅木の様子です。

隙間があったり、不具合が見られました。

 

s-IMG_4969

 

また下足箱の扉の建付けがそろっていません。

 

s-IMG_4986

 

これらすべて調整・タッチアップが必要です。

 

 

■ 傾き

建物診断ではこのようなレ―ザー測定器を利用します。

 

 

s-IMG_4972

 

傾きは築年数相応・許容範囲内のもので、
問題がないことが確認できました。

 

 

■ 水回り

水回りでは状況が許せば、実際に水を出して
赤さびや濁りなどがないか、水圧はどうかを調べます。

 

s-IMG_4992

 

その後、水を溜めてみて、パッキンに問題がないかを調べます。

 

s-IMG_5003

 

そして水を流した際に、水漏れがないかを調べます。

 

s-IMG_4993

 

 

■ 窓廻り

バルコニーの先端部分の表面塗膜がはがれていたり、

複数個所に変色後も見受けられました。

 

s-IMG_5013

 

 

塗膜がはがれていると、その部分からさらに傷みが広がってきます。

できるだけ早く補修が必要です。
サッシや雨戸と枠の間に隙間ができてうまく閉まらない箇所がいくつかありました。

 

IMG_5009s-IMG_4989

 

 

シャッター紐も劣化していました。

 

s-IMG_4991

 

調整が必要です。

 

他に比べると小さなことに思えるかもしれませんが

新居にお引越しした後にすぐに気持ちよく生活をスタートできるように

小さなことですが、気づいたことは報告書に記載しています。

 

 

■ 設備

 

システムキッチン・洗面化粧団の面材が揃っていませんでした。

 

s-IMG_5000 s-IMG_5005

 

見栄えもそうですが、何かが引っかかってしまったり、
出っ張ってしまっているところで怪我もしかねないので、
早い段階での調整が必要です。

最初にやっておかないとずっとそのままですし見た目もすっきりしていた方が気持ちの良い時間を過ごせますよね。

 

 

■ 屋根裏

 

あまり見ることのない屋根裏ですので、
ご依頼いただいた際には、詳しくチェックさせていただいています。

小屋組み」に劣化・腐朽はありませんでした。

 

s-IMG_5037

 


次に「断熱材」の設置状況の確認です。

 

基本的には問題なく設置されていましたが、

天井吊材に当たって隙間ができている部分があります。

 

s-IMG_5039

 

 

断熱材は隙間なく設置されて100%の効果を発揮します。

もう一枚重ねるなどの調整が必要です。
多くの方が気にされる「雨漏り」についてです。

雨漏りしている場合、このようなシミ跡が見受けられます。

 

IMG_5044

 

このようなシミがあった場合、

それが新しいものか、現在も継続して雨漏りしているものなのか

どこが原因で雨漏りしているのかを調べます。

 

こちらの物件の場合、先日ご紹介した屋根の不具合が関係している可能性があります。

屋根の板金が一部膨らんでいたため、その隙間から建物内部に吹き込んだ可能性が考えられます。

 

そのほか、建物全体の様子を観察し、考えられる原因、対処方法を写真付き報告書に記載してお渡ししております。

 

■ 床下

屋根裏同様、あまり見る機会がない箇所ですよね。
床下も屋根裏同様「断熱材」の様子を確認します。

 

s-IMG_5072

 

その次に、湿気がないか、状態がきれいかをチェックします

 

IMG_5068

 

 

床下から建物基礎に異常が見られないかも調べます。

 

一部細かいひび割れは見られましたが、
強度に影響及ぼさない程度のものだと判断します。

 

s-IMG_5073

 

 

基礎は建物の外部からも確認しますが、
ひび割れが貫通していたり、そのサイズ・深さが大きいものだと
基礎の強度に関係してくる可能性もあるので、
床下からもチェックすることが大切です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

車も外装や車のデザインよりエンジン・機械の状態が大事なように、

お家も塗装や内装のような目に見える部分だけでなく

それを支える土台・建物本体の状態がいちばん大事です。

 

 

弊社は 購入前、入居中などお家の状態を問わず、

皆様のお家のメンテナンスのお手伝いをさせていただきたいと思っています。
困ったこと、気になることなどがあれば、

ぜひお気軽にお問合せください!
それではまた!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(株)EQSPLAN(イクスプラン)一級建築士事務所
http://eqsplan.jp/
住所:〒814-0121 福岡市城南区
神松寺3-14-20-1013
TEL:092-862-8880
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/03/04

中古一戸建ての建物診断を行いました

 

こんにちは。

建物診断でおなじみのEQSPLAN(イクスプラン)です。
今回は「中古住宅」の「建物診断」の様子をご紹介いたします。

 

今日のブログでは、外の部分について紹介したいと思います。
今日ご紹介するおうちはこちらです。

 

20220304 (1)

 

築30年ほどの物件で、空家期間が約1年です。

外壁は塗り替えられたばかりで、とてもきれいです。

 

 

 

空家期間があったためかもしれませんが

敷地内にごみがあったり、雨水桝が詰まっているところが見受けられました。

 

20220304 20220304 (9)
お手入れをしないと、排水溝が詰まってしまい、

水はけが悪くなり、場合によっては床下の湿気 → 劣化の原因となってしまいます。

 

これはどこのお家にも言えることですが、

「入居後」も「定期的」に、泥やごみなどが溜まって雨水の流れを妨げてしまっていないか、

点検と清掃を行う必要があります。

 

 

IMG_4920

 

敷地の配水管が地面の高さよりも高くなっています。

躓いてこけてしまったりする可能性もあるので、

高さの調整を行った方が安全かもしれません。

 

 

 

20220304 (8) 20220304 (6)

 

断熱養生の固定がしっかり行われていない箇所もいくつかありました。

断熱養生が十分でないと、

せっかく温めた水の温度が下がってしまう原因になります。

きちんと処理されている必要があります。

 

IMG_4963 IMG_4957

 

アプローチ・玄関ポーチのタイルが浮いています。

このタイルをそのままにしていると、将来的に剥がれたり割れたりする可能性があります。

浮いている隙間から雨水が入ると内側の劣化も進んでしまいます。

 

 

 

塗り替えられたばかりの壁ですが、

 

塗料が別のところについてしまったり

20220304

 

 

傷がついてしまっていたり、

20220304 (7)

 

 

塗装後に修復したため、補修箇所が見えたままになっていたり

20220304 (12) 20220304 (13)

 

 

釘が飛び出たまま塗られていたりするところが数多く見受けられました。

20220304 (11)

 

 

これらすべて手直しが必要です。

 

 

 

20220304 (1)

この白い部分を「土台水切り」といいます。

 

この土台水切りは壁をつたって流れる雨水が
土台など、建物内部に入り込まないようにする役割があります。

 

きちんと取り付けられてはじめてその効果を発揮するのですが、
こちらのお家ではすこし下向きに(基礎幅木)側に傾いてしまっています。

 

雨水がうまく切れない可能性があるので、ここも調整が必要です。

 
20220304 (2)

こちらは屋根の様子です。

 

大半の部分は特に問題はなかったのですが、

 

20220304 (3) 20220304 (4)

 

2階屋根の部分を見ていくと板金が大きく膨らんでいる箇所がありました。

 

少しでも隙間ができてしまうと、そこから雨風が吹き込み、雨水が侵入してしまいます。
すぐに調整が必要です。

 

 

 

中古住宅でも塗装された後だったり、
リノベーションされた後はとてもきれいで素敵な外観ですが
よくよく見てみるとすべてが安全な状態であるとは限らないことがあります。

 

知識と経験のある住宅診断士が細かい箇所まで丁寧にチェックし、
対策ができるようにお手伝いさせていただきたいと思います。
お家の内部の様子は次回お伝えいたします。

 

それではまた!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(株)EQSPLAN(イクスプラン)一級建築士事務所
http://eqsplan.jp/
住所:〒814-0121 福岡市城南区
神松寺3-14-20-1013
TEL:092-862-8880
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/10/15

土地そのものに問題がある場合がある!

皆様、こんにちは。

 

福岡の住宅の診断・調査でお馴染みのイクスプランでございます。

 

あなたは家を買おうと思った時に何を見ますか?

 

立地や周辺の環境、駅からの距離や市街地へのアクセスなど確認するところはいろいろありますよね。

 

中古住宅であれば、家そのものも確認の対象になります。

 

でも、家を買うときはこれ以外のところも見ておいてほしいと思います。

 

それは今回お伝えする「土地の問題」です。

 

住宅診断(ホームインスペクション)をしていると、ドアの閉まりが悪いとか、隙間ができているということがあります。

 

たいていの場合、梁が外れかけていたり、木材を留めるナットが緩んでいたりするのですが、それ以外にももっと根本的な問題が潜んでいることもあります。

 

それは土地そのものに問題があるケースです。

 

土地に問題がある、といってもイメージしにくいと思いますのでもう少し具体的にお伝えすると、土地が動いてしまったことによる問題です。

 

土地が動くといっても地球規模もののではなく局地的なものです。

 

たとえば、家が建っている土地のすぐそばに急な崖や池(水路・だんぼ)があるときは要注意です。

 

すぐには問題がなくても、崖や池の方向に地面が傾いていってしまうことがあります。

 

崖など地面に高低差があるところは地層も傾いているので、家を建てるときに盛り土をして土地を平らにします。

 

盛り土は一見硬そうに見えても、もとからある地盤と比べるとやっぱり弱いので、長い時間をかけて少しずつ傾いてしまうことがあります。

 

土地そのものが傾いてしまうと、当然上に建っている家も傾いたり、歪んだりしてしまいます。

 

しかも、足元からがたついている状態なので補修にかかる費用も非常に高く、場合によっては建て替えになってしまうこともあるんです。

 

また、家そのものよりも注意してほしいものがあります。

 

それが「擁壁(ようへき)」です。

 

擁壁とは石やコンクリートを使った壁です。お城の石垣をイメージしてもらえればいいと思います。石垣ほど大規模でなくても、丘の上に建っている住宅地では大抵見つけることができますね。

 

もし、買おうとしている家の敷地内に3メートルも4メートルもある擁壁がある場合は要チェックです。

 

敷地内に積まれた擁壁が破損すると、所有者が修理する必要があり、かかる費用は家の修理の比ではないことがあります。

 

それこそ1000万円、下手をすると数千万円の出費になることも珍しくありません。

 

たとえば、この写真では擁壁の一部が膨らんでいます。

 

擁壁が膨らんで危険な状態にある

 

これは擁壁の内側から圧力がかかってブロックが押し出されている状態です。

 

上に載っているブロック塀も割れているのがわかると思います。

 

これはかなり危険な状態です。

 

このまま放置しておくと、地震や大雨で土が水を吸ったりしてさらなる圧力がかかったときに擁壁ごとが崩れてしまう可能性もあります。

 

もし擁壁が崩れて隣地へ被害が出てしまった場合、土地の持ち主が損害賠償をしなければなりません。

 

大規模な擁壁であれば、最終的な損害額は4000~5000万円くらいになることもあります。

 

仮に隣地への被害がなくても土地がずれている状態なので、上に建っている家に悪影響が出る可能性もあります。

 

家を買うときは、「より安定した生活をしたい」と考えてのことが多いと思います。

 

でも、土地そのものの問題の有無を見極めないと安定どころか大きなリスクを抱え込んでしまい、将来的に大変なことになることもあります。

 

そのようなことにならないよう、家を買う前は住宅診断(インスペクション)をおすすめしています

 

家だけでなく、その周辺の土地も調査しますので、危ない物件を事前に見極めることができます。

 

もし、家を買った後でも早い段階で調べておけば被害を最小限にすることができますので、ちょっとでも心配があればご相談ください。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◆主な業務

 

・住宅診断サービス(インスペクション)・耐震診断(耐震基準適合証明書の発行)、耐震補強計画・フラット35中古住宅適合証明書の発行

 

・購入住宅の内覧会立会い・同行、新築工事の第三者による工程検査、施工不良・不具合調査など。

 

・既存住宅瑕疵保険(個人間売買)の発行・特殊建築物等(マンション他)の定期検査報告・造改築等工事証明書の発行

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(株)EQSPLAN(イクスプラン)一級建築士事務所
http://eqsplan.jp/
住所:〒814-0121 福岡市城南区
神松寺3-14-20-1013
TEL:092-862-8880
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/10/01

住宅を買った後のメンテナンスはとても大事ですよ!

皆様、こんにちは。

 

福岡の住宅の診断・調査でお馴染みのイクスプランでございます。

 

あれほど暑かった夏もすぎ、ずいぶん過ごしやすくなってきましたね。

 

せっかくなので、先日はうきは市にいって山のなかでサイクリングをしてきました。

 

この季節の山はいいですね。

 

さて、今回は「住宅を買った後のメンテナンス」についてお伝えします。

 

住宅、特に一軒家というものは1回買って終わりというわけではなく、定期的にメンテナンスをしていく必要があります。

 

家のメンテナンスは日常の生活空間だけでなく、普段は目にしない部分である屋根裏や床下をしっかりチェックしておく必要があります。

 

では、屋根裏や床下のどんなところを見ておくべきかというと、まずは家の大梁や柱といった構造物ですね。

 

家というのはすべてが1つの素材でできているわけではなく、いろいろな構造材を継いで作っています。

 

屋根裏は、夏は想像以上に暑く乾燥しているので、木材の水分が蒸発し少しずつ痩せていきます。

 

木材が痩せると、ナットが緩んだり継ぎ目がひらいてしまったりします。

 

接続部分が離れかかっている

 

また、福岡は2回ほど地震を受けているので、その際に構造物の継ぎ目が暴れて、外れたり、ゆるんでしまったりすることもありますね。

 

場合によっては写真のように梁が割れることもあったりします。

 

屋根裏の構造材の接続部分が地震などの影響で暴れて外れそうになっている 大梁が割れている

 

構造材自体は大丈夫でも、それを留めているナットが緩んだりすることもあります。

 

屋根裏ナットの緩み 構造用金物ナットが緩んで外れている

 

こちらの写真もナットを外したのではなく、地震などの影響で緩んで外れてしまったものです。

 

構造材の継ぎ目が弱くなると、次に地震がきたときに、想定以上に揺れるので被害が大きくなる可能性が高くなります。

 

他にも屋根の破損や塗装の劣化などが原因で屋根裏が水浸しになっていたりすることもありますね。

 

室内にまで浸水してくればすぐに気がつくのですが、そこまで水が入ってこないために気がつかないことも意外と多いんです。

 

雨漏れの跡

 

この雨漏りは住宅にとっては大敵で、濡れた建材は腐ったり、シロアリの巣になったりして強度が極端に落ちてしまいます。

 

木造住宅はきちんとメンテナンスすれば何十年ももつのですが、雨漏りして濡れてしまうと寿命が一気に縮まります。

 

実際、住宅保険のトラブルの95%くらいは雨漏り関連の被害なんです。

 

屋根や外壁に使われる塗料などの建材の耐用年数はだいたい10年くらいです。

 

10年に一度、あるいはもう少し短い間隔で住宅の状況を調査(インスペクション)しておくと、家の問題を早いうちに発見できます。

 

住宅の修理は問題が小さいうちなら比較的安く済みますが、問題が大きくなると数百万円、一千万円を超えることも珍しくありません。

 

住宅診断で問題を早いうちに見つけることは、結果的に修理費用を大きく節約できることにつながります。

 

今住んでいる家の調査はもちろん、これから家を買うという方は買う前に住宅調査(インスペクション)を実施しておくと、その家に問題があるかどうかを事前に見つけられるのでおすすめしています。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◆主な業務

 

・住宅診断サービス(インスペクション)・耐震診断(耐震基準適合証明書の発行)、耐震補強計画・フラット35中古住宅適合証明書の発行

 

・購入住宅の内覧会立会い・同行、新築工事の第三者による工程検査、施工不良・不具合調査など。

 

・既存住宅瑕疵保険(個人間売買)の発行・特殊建築物等(マンション他)の定期検査報告・造改築等工事証明書の発行

 

———————————————————————-

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

(株)EQSPLAN(イクスプラン)一級建築士事務所

http://eqsplan.jp/

住所:〒814-0121 福岡市城南区

神松寺3-14-20-1013

TEL:092-862-8880

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/08/02

戸建て住宅で、最も重要な事の一つその1(雨洩れしない為には、外壁下地の防水工事が重要!!)

皆さんは、興味を持った事は、ありませんか。壁の中は、どうなっているかを。

サイディングボード張りの戸建てに住んである方から、雨漏りがしてるので、調査して欲しいとの事で、調査した結果、壁を剥がしてみる事になり、内側に張られた透湿防水シートのずさんな施工が、原因である事が判りました。

継ぎ目を規定通り重ねて張る事は、もちろんですが屋根の形状との取り合いは、単純ではありません。また、
バルコニーと壁の取り合い部分は要注意箇所の一つですが、今回は、この箇所の施工不良から、建物内部に雨水が漏れていたようです。

築8年のこの建物は、コーキングが劣化してその隙間から、雨水が入り、その内部で透湿防水シートの施工のずさんな施工箇所から、雨水が侵入し内部の壁に染み出してきたようです。

コーキングだけで、雨水を防ごうとの考えは、湿気と雨の多い日本では、通用しませんね。

このテーマについては、特に重要ですので、2回に分けてお送りします。

仕上がった状態では、判らない、しかし、建物の寿命を大きく左右するポイントです。

 

IMG_6317 IMG_6332 IMG_6349 IMG_6355 IMG_6359

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
イクスプラン一級建築士事務所
http://eqsplan.jp/
住所:〒814-0121 福岡市城南区
神松寺3-14-20-1013
TEL:092-862-8880
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

マイホーム相談で人気の福岡にある一級建築士事務所のブログでは住宅診断の実例もご確認いただけます

福岡市の(株)EQSPLAN(イクスプラン)一級建築士事務所のブログでは、ご提供するサービス内容の詳しいご案内や実際にご相談いただいた事例をはじめ、日々の活動内容をご紹介しております。ホームインスペクションという言葉を初めて聞く方にも、当事務所のサービスがご理解いただけるブログですのでぜひご覧ください。
住宅診断は既に建設された一戸建て住宅をはじめ、建設途中の注文住宅にも対応しています。基礎工事に手抜きやミスがないか、既に工事が進んでいる部分についても早めのチェックにより軌道修正を行えるので、安心して暮らせるマイホームが手に入ります。
もちろん、福岡で建設されている住宅の多くは信頼が持てる住宅ですが、専門家による確認を受けることで、真の安心を手に入れ快適にお住いいただけます。

お問い合わせはこちら